バイナリーオプション:ファンダメンタル分析を徹底的に解説します

この記事を読もうと思われた

あなたは、バイナリーオプションで

実際に運用しているまたはこれから

バイナリーオプション取引をしてみようと

興味を持っている方ではないでしょうか。

バイナリーオプションを実際に

取引をしていこうという方は、

何かしらの理論や根拠をもとに

エントリーしております。

バイナリーオプション未経験者であっても

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析は

テレビや新聞などどこかで

聞いたことはあるかと思います。

そういった分析により導かれた予測結果を

根拠とし取引するということが大半です。

今回のこの記事では、

  • ファンダメンタルズ分析について
  • 為替相場におけるファンダメンタルズ分析について
  • バイナリーオプションでファンダメンタルズ分析をどう生かしていくか
  • テクニカル分析のみでの相場予測について
  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で予測する

以上について詳しく解説していこうと思います。

よろしくお願いします。

ファンダメンタルズ分析について

そもそもファンダメンタルズ分析とは

何でしょうか?

ファンダメンタルズ分析とは、

経済的な活動における

業績や基礎的な財務指標をベースにして

分析していくという手法です。

 

株売買の取り引きにおいて、

ファンダメンタルズ分析とは

その企業の業績や財務諸表などを

分析指標として企業価値を精査して、

適正な株価かどうかについて

判定するというものです。

 

バイナリーオプション、FX取引など

いわゆる外国為替取引での

ファンダメンタルズ分析は、

各国のGDP、GDP成長率、失業率、

物価上昇率、財政収支、貿易赤字、

黒字または、国際関係情勢や

地政学的な問題など国力を

計測する項目によって

通貨の強弱を判断します。

 

さらに当局の経済指標発表や

各国首脳や巨大多国籍企業の

要人発言なども強い影響力を

持っています。

 

相場の方向性を決定づけるのは、

まさにファンダメンタルズで為替相場を

動かすという背景にあるでしょう。

為替相場におけるファンダメンタルズ分析について

外国為替相場における

ファンダメンタルズ分析は、

通貨の強い弱いを見極める指標または

判定とする基準としてとらえる

ことが多いことになっております。

ファンダメンタルズ分析により

取引をしているトレーダーは、

予測分析による期待度で

取引をおこないます。

また、マクロ経済指標の発表や

その国の国政選挙などの大きなイベントも

検討し期待度を計測するということ

になっています。

 

米国FOMC政策金利、

雇用統計、GDPなどの経済指標発表や

大統領選挙、または、FRB議長や

ECB総裁の発言などが

大イベントの代表例であり、

その直後の為替相場は

値動きが大きく動きやすいです。

 

経済指標が発表された直後は、

その内容が良好、不良に関係無く、

予測よりも良いものだったか、

悪いものだったか、

あるいは予測していた通りだったのかと

言うことを基にして為替レートが

上へ下へと変動していくという

ことになります。

 

いわゆる大イベントによって

相場が激しく動いていくとことも

ありえますが、結果だけで

判定して外国為替取り引きをしてしまうと

必ずや利益をあげられるいう

わけではありません。

 

こういった大イベントに対する

相場の期待感を予想して、

イベント結果は期待通りだったのか、

または、結果をみた要人たちの

発言はどういったものか

という非常に広範囲な困難な予測が

必要とされております。

 

テクニカル分析では、基本的に為替相場の

値動きによって形成されていきます。

そのため、結果に対する後付け分析

であります。

 

それに対し、ファンダメンタルズ分析は、

実経済の活動に基づいた現状分析を

するため、テクニカル分析よりも

比較的早い段階で

トレードすることができます。

 

しかしながら、経済指標や財務諸表などの

分析能力、知識がいまいちという

トレーダーにとっては、

ファンダメンタルズ分析を

活用して取り引きの答えを

導き出すことはやさしいことでは

ないでしょう。

バイナリーオプションでのファンダメンタルズ分析

 

ここで気になるのが、果たして

ファンダメンタルズ分析を応用して

バイナリーオプション取り引きの

予測ができるのでしょうか?

 

ファンダメンタルズ分析を根拠とした

予測をすることは容易ではないと、

述べたばかりです。

 

とは言え、バイナリーオプション取引を

実行する際に、ファンダメンタルズ分析を

は使わないでいいのかというと

そういうわけでもありません。

 

もちろん、外国為替相場の分析を

「テクニカル分析」だけでおこなうのも

1つの方法ではありますが、

「ファンダメンタルズ分析を

実践しつつも、テクニカル分析を

メインでおこなう」ということが

最重要になります。

☆テクニカル分析だけで相場を分析する

バイナリーオプション取引は短期取引

ですので、テクニカル分析を根拠とした

パターンを理解していれば、

取り引きに対応できます。

 

そもそもファンダメンタルズ分析は、

中長期的な相場の変動を分析するには

最適な手法と言えますが、

対して短期的な相場変動を精緻に予測するには

不向きであると言えるでしょう。

 

短期トレーダーの大半の方は、チャートを

分析してテクニカル分析に基づいた

取り引きを繰り返し実行しております。

 

そのため、トレーダーが注視しているポイントを

しっかりおさえておけば値動きを予想することも可能です。

 

テクニカル分析をじっくり行い、その技術を磨くことによって、

バイナリーオプションで収益をあげる

トレーダーになることも困難ではないでしょう。

☆ファンダメンタルズ分析+テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析は

様々な経済指標をファクターとして分析していることから

複雑ですぐに結論が出るものではありませんが

判断材料の一つにすることはできます。

 

経済指標や要人発言などを

しっかりチェックしていると、

外国為替相場への影響が明確に

現れるということもあります。

 

例えば、仮にアメリカのFRB議長から

「現在の米ドルのレートは高く実態に見合っていない」

などの発言があったとします。

 

その後、その発言の影響によって

しばらくは米ドルの動きが

下降トレンドになることが予測されます。

 

主にファンダメンタルズ要素によって

為替相場のトレンドは形成されます。

そして、一度できたトレンドは比較的長めに続くことが

多いようです。

 

また、通貨同士のパワーバランスを熟知していれば、

上がるか下がるかといった変動についての

予測もより立て易くなります。

バイナリーオプションでは、ファンダメンタルズ分析を

基にして売買するタイミングを

見定めるということは非常に困難ではありますが

必ずやれることはあります。

 

それは、重要な経済指標の発表や要人の重要発言前後での

取引は控えると言うことです。

 

外国為替取り引きにおいては

時機を待つことも重要ことです。

しかしながら、ファンダメンタルズ要因が

出てくる状況においては、その後の為替相場等において

どんな変動があるのかは誰にも予測はできないものです。

 

そんな環境でトレードすることは、

ギャンブル要素が大きくなり

リスクが高いことになるので、

相場がある程度は落ち着くまで待ち様子を見ましょう。

 

ファンダメンタルズ要因のイベント直後の

激しい動きを利用した取り引きを好きで

実行するという方もいますが、

かなりの経験を積んだ上級者向けであり、

初心者にはオススメできません。

 

経済ニュースを見て常に情報収集しておくと

通貨の強弱が分かることがあり、

テクニカル分析と併用することで優位性を

高めることができます。

☆さいごに

バイナリーオプションで

ファンダメンタルズ分析が必要かどうかは、

その活用次第ということになるかと思います。

ファンダメンタルズ分析を使用しなくても、

テクニカル分析のみを根拠としたトレードだけでも

十分収益を稼ぐこともできます。

 

ただ、為替相場の全体を構成しているのは

テクニカル要因ではなくファンダメンタルズ要因で

あることは知っておいた方が何かと有利です。

 

テクニカル指標は構築された相場の結果として

作用されるものなので、動きはかなり遅くなってしまいます。

 

経済ニュースに興味を持って、ニュースと相場の関係を

日常的に思考してみるだけでも、

相場予測の精度は飛躍的に高まるのではないかと思います。

 

ファンダメンタルズ分析が

まだよく分からないという方、

まずは、重要な経済指標の発表になる

30分前後は取引をやめることから

はじめることにしてみましょう。