バイナリーオプション取扱会社からの出金方法と手数料は?3社比較してみた

 

バイナリーオプション取引で自分の予測が

当たって収益があがった。

 

そしていざ、その収益を出金しよう

と思ったら

出金の手続きはどうすればいいんだろう?

 

そもそも手数料はどれくらい

かかるんだろうと

はたと思うことでしょう。

 

この記事では国内と海外の

バイナリーオプション取扱会社の

出金手続きおよび

出金手数料について説明していきます。

 

バイナリーオプション取引を

これからはじめる方にも

バイナリーオプション取引を

はじめた初心者にも

参考になるかと思います。

☆バイナリーオプション会社からの出金手続きについて

まずはじめに、出金方法について

説明いたします。

 

国内の取扱会社と海外のもの

では手続きに多少の違いがあります。

 

どちらにせよ各ホームページに

ログインして出金申請を行いましょう。

 

出金先は、海外取扱会社の場合は

ほとんどが銀行振込です。

 

ただし、一部の海外会社では

ウォレットサイトへの出金に限る

ところもあります。

 

このあたりは、注意が必要ですね。

出金にかかる日数は

業者によってまちまちです。

 

あなたもご存知と思いますが

有名な取扱会社の

ハイローオーストラリアは

なんと最短翌営業日に出金が

完了しています。

 

国内会社については

もしあなたが当日の受付時間内に

出金申請をした場合は最短で

翌営業日または翌々営業日に

あなたが指定した出金の金融機関の

口座へ入金処理されます。

 

出金にかかる日数については

それぞれの取扱業者で変わって

きますので、

ホームページ等で確認して

おくことをおすすめします。

手数料の種類と内訳

 

バイナリーオプション取引での手数料と

一口に言ってもその種類はいろいろと

あります。

 

例えば運用口座への入金手数料だったり

あなたの口座への出金手数料、

取引手数料、口座維持手数料

などがあります。

 

ただ国内も海外取引会社も

取引手数料や口座維持手数料などといった

手数料については無料のところが多いので

みなさんはご安心ください。

 

やはり気になるのは、収益を出金する時に

かかる出金手数料ですよね。

 

最近ではいろいろと話題になっている

海外のバイナリーオプション取扱会社では

そこへ支払う事務手数料、

海外の銀行から国内銀行への

送金になることから

金融機関へ支払う手数料もかかります。

 

単純に出金手数料だけを比べても

海外よりも国内取扱会社を利用した方が

コスパがいいと思います。

 

今回は国内取扱会社と海外取扱会社を

のそれぞれの出金手数料を

比較してみましょう。

海外業者と国内業者の出金手数料について

それでは国内取扱会社と海外取扱会社の

出金手数料について比べてみましょう。

 

今回の海外取扱会社は

日本人のトレーダーに人気の高い

ハイローオーストラリアと

トレード200を例として

とりあげます。

【海外取扱会社】ハイローオーストラリアの出金手数料

銀行の入金及び出金の手数料はいくらですか。

銀行の入金にはATM、金融機関、もしくは

インターネットバンキング利用による手数料はお客様のご負担となります。

銀行の出金に手数料はありませんが、¥10,000以下の出金はできません。

出典:https://highlow.com/resources/faq

最近の日本人トレーダーに注目されている

ハイローオーストラリアでは

日本の銀行と提携しているため、

出金の際には手数料は徴収していません。

 

また、国内バイナリーオプション

取扱会社と

ほとんど同じ日数で出金されます。

【海外取扱会社】トレード200の出金手数料

16.出金手続き
当社の出金担当部署がお客様からの出金要請を受けた際、出金手続きの為にお客様本人に本人確認書類の提示を求めます。出金条件は、(入金額+ボーナス額)の15倍の取引となります。(同一のハイ&ロー取引において「HIGH」と「LOW」を同時に購入された取引は、不正防止の為、取引の実績としては認証されません。)1度の出金手続きで出金申請を行える金額は、5,000円以上500,000円以下となっております。500,000円を超える出金は複数回に分けて申請ください。出金の際、出金手数料を3,000円いただきますので予めご了承ください。

※現在、出金手数料還元キャンペーンを行っていますので、5回まで出金手数料は無料です。(ボーナスを取り消した場合を除く。)出金の手段として、海外送金による銀行振込を行わせていただきます。受け取りには、SWIFTコードが付与された銀行口座が必要です。出金要請を頂いた後、出金手続き完了まで最短でも土日祝日を除いた5営業日を要します。手続きがスムーズに進み、お客様の指定の口座で確認できるまで7営業日から9営業日要することがあります。受取銀行手数料や中継銀行を経由した際に発生する手数料はお客様負担となります。

 

トレード200では出金の場合、

3,000円の手数料が必要です。

現在は出金手数料還元キャンペーンを

実施中ですので、5回までの

出金であれば出金手数料は無料です。

 

しかし受取銀行手数料や中継銀行を

経由した際に発生する手数料

については申請者の負担となるので

注意が必要です。

 

トレード200から海外銀行へ、

海外銀行を中継してあなたの

日本の銀行の口座へ

お金が渡った場合は受取銀行手数料が

発生します。

 

この受取銀行手数料が

もし2,500円だった場合、

出金額から2,500円が控除されるので

ご注意ください。

 

【国内業者】GMOクリック証券の出金手数料

GMOクリック証券から出金手続すると、

日本国内への金融機関への送金

でしたら送金出金手数料が無料です。

 

その他の各種手数料も無料ですよ。

なので、海外に比べてコストが

かからなくていいですね。

海外取扱会社では出金できなかった

というトラブルも多く報告されています。

 

ですので、リスク回避のためにも定期的に

出金するほうが安心です。

 

1年で数回は出金すると想定して

最初の1回だけが無料であとは有料

ですと負担感はあります。

 

バイナリーオプション取引会社の

選択はあなたの収益にも直結します。

 

国内バイナリーオプション取引会社

を使う利点は信託保全や

サポートが充実してる

だけではありません。

取引会社の選択では、

たいていの人が取引銘柄や取引時間

ばかりを注目してしまうことでしょう。

しかしながら、実際は手数料で

比較してみると年間数万円以上の

差が出てきますので

気をつけてみてください。