バイナリーオプションに勝つための分析手法6連発!!

 

バイナリーオプションの取引を

するのにどのように予測すれば

いいのか分かりますか?

 

バイナリーオプション取引と言えば

外国為替取引の金融商品の1種で

為替レートが「上昇」または「下落」

を予想するというものです。

2択なので、理論的には

勝率は50%に限りなく近いものに

なるはずです。

 

ただ、実際は為替相場のレートを

精査しながら、予測していけば

60%にも70%にも引き上げていくことは

不可能ではありません。

バイナリーオプション取り引きで

勝つための分析方法というものが

存在します。

 

単純に適当に勘で

予測してみるのもいいかも

ですが、資金に限りがある場合は

そういうわけにもいかないですよね。

 

ある程度の利益をあげているトレーダーは

なんとなく「HIGH」または「LOW」とボタンを

クリックしているというわけではなくきちんとした

理論に基づいて取り引きをしております。

 

この記事では、

バイナリーオプション取り引きで

役に立つ6つの分析手法について

紹介していきます。

代表的な分析手法の6種類!

国内取扱会社のホームページでは高機能の

便利な独自チャートが使えますが、

海外取扱会社の場合はチャートが

チープなのでMT4などの外部ツール(無料)は必須です。

 

この記事ではMT4を利用することを条件とした時、

6つの分析手法について一つずつ説明していきます。

レジサポライン攻略法

私のこの記事での一番おすすめなのが

レジスタンスライン(上値)とサポートライン(下値)を

使ったレジサポラインの手法です。

 

MT4等のチャートにラインを引きます。

そして、そのラインに到達したら

逆張りの取り引きをするという手法です。

 

外国為替の動きは「買い」が多ければ上がり↗、

「売り」が多ければ下がる↘ということになります。

 

分かりやすく具体的に言うと、

値動きが上昇中に「この値まで達したら売ろう」

と大多数の方が設定している相場…

例えば120円ちょうどになった瞬間に「売り」

注文が予約で入っていて下がります。

そのため、この瞬間に「LOW」を買います。

 

テクニカルツールの分析手法

こちらは、正統派でボリンジャーバンド等の

テクニカルツールを使って分析するという

手法です。

こちらがバイナリーオプション予測での

オーソドックスな手法となります。

 

要するに上記のチャートに描かれているのは

ボリンジャーバンドでして、

外の枠線に触れたら反転➡️ 逆転となる傾向にあるので、

その性質を利用してそこにタッチしたら

逆にベットしようという手法となります。

 

目押し攻略法

MT4を見ないで、極度に取引が少ない時間帯の時に、

上記のような形になった際に「下」のタイミングで

目押しするという取り引き手法がはやったことが

ありました。

 

ただし、取扱会社側にて

大部分の国で休日では取り引きそのものを

できなくするといった対応を

とっております。

 

一部の取扱会社によりますが、

いまだ有効な手法ではあります。

押し目買い

また、思いもよらず皆さんに人気なのが

「押し目買い」という手法です。

 

これは、上昇中の相場で、

一時的に急に下落したところを狙うという手法です。

 

FXトレーダーは為替相場が上昇しているまたは

下落しているというトレンドが発生している際に

この押し目買いを実行するというトレーダーが

多いです。

 

相場をみるのに慣れるまでは

「そのまま下落し続けるのではないか・・」

と心配になるので経験してやればやるほど

勝率が上昇します。

ローソク足

ローソク足とは、株価を判断する際とても大事な指標となってきます。現在は、テクニカルを指標として世界中で使用されています。このローソク足チャートの「ローソク」は、1日や1週間というように時間を区切った時の、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)、という四本値(よんほんね)を形で表したものとなっています。このローソク足は実は日本発祥のテクニカル指標で、江戸時代に出雲国の米商人 本間宗久(ほんま そうきゅう)が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたと言われています。

出典:https://minkabu.jp/beginner/lesson/16.html

ローソク足チャートについては、

Yahoo!チャート等で見られます。

また、無料で使えるMT4を利用するのが一般的ですね。

ローソク足は、陽線陰線

2本の線があります。

 

この2つの線を分析することで、

為替相場のトレンドを予測します。

ローソク足のじっくり分析するだけでも

バイナリーオプションでの予測の精度は

かなりあがってきます。

移動平均線

移動平均線とは、ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。その日を含めた過去何日間(または何週間)かの価格を毎日計算するため、平均値が移動していくことから、移動平均と呼ばれます。

出典:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/i/J0049.html

上記の折れ線グラフをご参照ください。

短期間での移動平均線は

現時点のチャートに沿った動きをしていて、

対照的に長期の移動平均線は

ざっくりとしたトレンドになっています。

相場のトレンドがどうなっていくかを

分析するのに役立ちます。