バイナリーオプションでのリスクヘッジ方法について伝授!!

リスクヘッジについて

バイナリーオプションやFX取り引きを

はじめとした投資で安定して収益をあげていくには

リスクヘッジが必須です。

 

それでは、投資における「リスクヘッジ」とは

どういったものでしょうか?

リスクヘッジとは

為替相場の変動による損失のリスク

を回避することです。

 

そもそも、リスクヘッジの由来は

ドイツの保険用語でした。

日本語訳になじまず

正確な意味ではないようです。

一般的には上記のように損失の危機を

回避することとなります。

バイナリーオプションではそのように

使われております。

バイナリーオプション取引で

リスクヘッジをする時に1番分かりやすいのが

【両建て】です。

 

文字通り、HIGHにもLOWにもどちらも

ポジションを取り投資を行うことです。

 

このように両建てで取り引きをすれば収益もあります。

ただし、もちろん損失になる可能性もあります。

あくまでリスクを少なく回避出来るように戦略を練る。

慎重に慎重にとなり過ぎて

完璧なリスクヘッジを目指すよりも、

利益を狙いつつリスクヘッジを行うという

方向性でやっていくのがよいかと思います。

バイナリーオプションは勝ち負けを繰り返していく

投資というものは、必ずしも100%全てが

利益になるというものではありません。

 

バイナリーオプションも同様に、

勝ち負けを繰り返しながら

最終的に収益を積み上げていくものです。

 

考えなくてもHighかLowを選べば

50%の勝率があります。

そんな中で少しでも勝ち負けの中で、

相対的な損失額を減らしていく。

 

そう考えながら取引をしてみてはいかがでしょうか。

勝率をあげて少しでも利益を積んでいくために

「予想」をしていく。

・・・と頭のなかにいれて

為替チャートを見たり、「取引ツール」を使ってみてください。

 

取引ツールあるいは無料ツール等を使って

取り引きをしたとしても

勝ち負けを繰り返していくことでしょう。

 

100%の勝ちというものが存在しないから、

バイナリーオプションはリスク管理を

しやすいという特徴を生かせます。

リスクヘッジ手法:スポット取引の逆のオプション

リスクヘッジ手法として例えば、

FX、CFDのスポット取引と

バイナリーオプションを組み合わせた取り引きを

考えてみましょう。

 

FXでドル円買いのトレードをすると、

ドル円が上がれば収益となりますが、

ドル円が下がると損失です。

 

ここでバイナリーを使います。

ドル円が下がる動きには、

利益になるような

バイナリーでトレードをしておきます。

これでドル円が上がればバイナリーは

掛け捨てとなります。

しかし、スポット取り引きが利益になります。

 

また、ドル円が下落する場面では

スポットトレードは損失となりますが

代わりにバイナリーで利益を出しますね。

 

ワンタッチオプションなどは

リターン率が高いことから、

むしろ相場が下がってくれたほうが

利益が高くなる場合もあります。

 

そういうときはスポット取引のほうが

リスクヘッジということになるでしょう。

例:)ワンタッチオプションがあるIGマーケッツ証券でのリスクヘッジ
ドル円 76.70Lのスポット買い
ドル円 76/65以下になったときのワンタッチオプションを買う

ドル円が上がった場合:スポット買いが利益、オプション掛け捨て。
ドル円が下がった場合:スポット買いが損失、オプションが爆益。

どちらを何枚取るかはそれぞれの裁量となります。