ランゲルハンス島


コメント

  1. まあランゲルハンス島って初めて聞くとしたら多分普通にどっかの島思い浮かべるけどな

    2021-12-06 06:22:12
  2. ホルモンの単元を高校生とやった時に「B細胞ってなに?」って聞かれて「膵臓のランゲルハンス島B細胞って場所だよ」って答えたら、「A細胞っていうのもいるじゃん」って言われて、細胞と組織と器官の違いがわからない人にとってはAもBも同じに感じるんだなと思って。

    2021-12-07 08:22:51
  3. 寝る前なのにランゲルハンス島 観光で笑わせんなw >rt

    2021-12-08 00:52:52
  4. ランゲルハンス島は,いしいひさいちのマンガで知ったのが最初。ランゲルハンス島への島流しを申しつけるシーン

    2021-12-09 04:43:32
  5. 返信先:@

    2021-12-10 02:23:25
  6. 返信先:@Legian2469エリスンの代表作とは言い難い短編がパッと出てくるなんて、相当の読書家、SFファンとお見受けしました。 村上春樹のエッセイ集で「ランゲルハンス島の午後」というのもありましたね。横から失礼しました。

    2021-12-11 06:12:43
  7. みんなでランゲルハンス島にクルーズに行こうぜ()

    2021-12-12 09:12:32
  8. 早くランゲルハンス島観光行きたい

    2021-12-13 10:03:41
  9. ランゲルハンス島が臓器の何か(分泌腺?)ってこと、勉強できない私でも知ってるw 観光できないよw

    2021-12-14 01:33:47
  10. ランゲルハンス島名物の甘い実を食べたい

    2021-12-16 01:02:28
  11. ランゲルハンス島を観光したいのか^_^ そして、Yahoo知恵袋には個人宅?らしき住所も出てくる。 あえてスクショしてここには載せないし、住所検索してないけど。

    2021-12-16 07:12:04
  12. ランゲルハンス島行きたい人多すぎ問題

    2021-12-16 13:22:03
  13. 返信先:@

    2021-12-16 19:32:02
  14. ランゲルハンス島観光て。はたらく細胞的ななにか?

    2021-12-17 01:42:02
  15. ランゲルハンス島 観光笑笑笑笑

    2021-12-17 07:44:02
  16. ランゲルハンス島は南半球の赤道付近に存在する島で年間を通して温暖な気候が特徴です

    2021-12-17 13:48:02
  17. さすがにランゲルハンス島 観光は草

    2021-12-17 19:50:04
  18. ランゲルハンス島(通称、ラ島)上陸作戦。

    2021-12-18 01:50:29
  19. すぐ近くにあるが、容易には行けない島。それがランゲルハンス島。竹島や北方領土、尖閣諸島、北朝鮮よりも近くて且つ難しい。 村上春樹は行ったことがあるらしい。

    2021-12-18 07:52:02
  20. なんかランゲルハンス島が入っとる

    2021-12-18 13:54:03
  21. ランゲルハンス島ってなんですっけ?

    2021-12-18 19:56:04
  22. ランゲルハンス島の人口、たぶん250人くらいだと思います。スヴァールバル諸島あたりにあるんじゃないかと推察。

    2021-12-19 01:58:02
  23. 甲状腺 チロキシン 副甲状腺 パラトルモン 副腎髄質 アドレナリン(血糖値上昇) 副腎皮質 糖質コルチコイド(血糖値上昇) 鉱質コルチコイド(Na+) すい臓ランゲルハンス島 A細胞 グルカゴン(血糖値上昇) B細胞 インスリン

    2021-12-19 07:58:04
  24. インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。食事によって血糖値が上がる(血糖の量が増える)と、すい臓のβ細胞がこの動きをすばやくキャッチして、すぐにインスリンを分泌します。

    2021-12-19 14:00:04
  25. #東宝芸能 #浜辺美波 もうだめだ浜辺美波にメロメロだ呑んで喰ってさ

    2021-12-19 20:02:03
  26. ランゲルハンス島の戦い(ローマ軍とゲルマン人の衝突)

    2021-12-20 02:04:11
  27. G細胞:ガストリン 幽門前庭部 ECL細胞:ヒスタミン 胃底腺 S細胞:セクレチン 十二指腸 D細胞:ソマトスタチン 膵ランゲルハンス島 K細胞:糖依存性インスリン放出ペプチド〈GIP〉 小腸上部

    2021-12-20 08:06:27
  28. 『1型糖尿病』ランゲルハンス島に対する自己抗体ができて、(インスリンを産生するβ細胞が)破壊されることが原因である。自己抗体として、抗グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)抗体、膵島抗体、抗IA-2抗体などがある。

    2021-12-20 14:10:25
  29. 余輩のあつ森の島の名前はランゲルハンス島でして、、

    2021-12-20 20:10:31
  30. ランゲルハンス島

    2021-12-21 02:10:36
タイトルとURLをコピーしました